じゅんさい沼

更新日: 2009/06/04 (木)  編集者: 管理者

山形には、豊かな自然と人情が育んだ自慢の味があります。村山市の大谷地(おおやち)沼、通称”じゅんさい沼”で採れるじゅんさいは、全国でも数少ない天然もの。独特のヌメリとツルリとしたのどごしは、夏バテを一気に解消してくれます。

じゅんさい沼


null

じゅんさいとは
じゅんさいはスイレン科の水生多年草。 「ぬなわ」という夏の季語として万葉集にも登場し、飛鳥時代には既に食べられていたと言われています。食用となるのは「ヌル」といわれる透明な寒天質に覆われた若芽や若葉の部分です。

null

昔ながらの収穫作業
初夏のじゅんさい沼を訪ねると、広さ約10haの沼は深緑色のじゅんさいの葉で一面覆われています。この沼の水深は深いところで1.5m程度。そこに畳一枚ほどの広さの箱舟を浮かべて、正座して深く前かがみになりながら芽を摘み取っています。遠くから見ると一見のどかな風景に見えますが、実際はかなりの重労働です。

null

まだオープンしてないみたいでした。
お蕎麦屋さん最近できたみたい一番店?


トラックバック

コメント投稿

このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。


 
:arwright: 本日の直売所  :arwright: さくらんぼ 
:arwright: もも  :arwright: りんご  :arwright: ぶどう  :arwright: くだもの  :arwright: お米  :arwright: 直売所から 
:arwright: 家庭菜園用  :arwright: ぼかし肥について  :arwright: カトーエキスについて  :arwright: ご案内  :arwright: 農産物カレンダー  :arwright: 新着情報  :arwright: お客さまの声 :arwright: 農園日記  :arwright: リンク集  :arwright: ご注文ガイド   :arwright: よくあるご質問  :arwright: お問い合わせ 
:arwright: 振込先   :arwright: 特定商取引に関する法律に基づく表示  :arwright: インターネットでの購入ご案内 

Total681869 7days1033 Yesterday144 Today070 Since 2009-10-24